費用チェック

竹やぶで傘をさす和装の男女

どこで挙式を行なうとしても費用は気になる部分ですし、気にするべき部分です。
一生の思い出だから!ということで、費用には特に注目をせずにあれこれ決めるカップルも多いですが、やはり今後の生活を考えると費用についても多少考慮して会場やプランを決める必要があります。

東京で結婚式を挙げる場合には、一般的に、挙式費用の他に披露宴費用、写真やビデオ代、衣装代、ヘアメイク代、引き出物・引き菓子代…などがかかります。東京の中でもどこのエリアで行なうのか、規模はどのくらいか、挙式の内容はどうするか…ということによっても料金は変動します。ただ、キリスト教式であれば100万円を超えることは普通です。

神前式の場合、挙式を行なう際には初穂料と玉串料が発生します。これらの費用というのは神様に納める費用のことで、相場としては10万円程度です。10万円程度で結婚式をあげることができるなら、かなりリーズナブル!と感じるかもしれませんが、この他にも衣装や披露宴、写真などの費用もかかります。ただ、神前式はキリスト教式よりも費用を抑えることができる場合が多いです。
神前式のほうが費用は高いと思われがちですが、実際にはそんなことはありません。
また、東京の神前式では様々なプランが用意されているので、低予算に抑える事ができるようになっています。